ロニテン

ロニテンの成分・効能・使用上の注意点から、ロニテンの副作用や入手方法について説明しています。
TOP >ロニテン

ロニテンとは

ロニテン

ロニテンはアメリカが原産の有効成分ミノキシジルが配合された発毛剤です。

ミノキシジル配合の発毛剤といえばロゲインが一般的に有名ですが、ロゲインが頭皮に塗布して使用のに対して、ロニテンは飲み薬ですので体内からミノキシジルの成分を吸収することができ、より効果的に発毛・育毛をうながすことができます。

また、ロゲインは頭頂部が脱毛する男性型脱毛症専用の薬であるのに対して、ロニテンは前頭部や生え際などの薄毛・抜け毛にも効果があり、様々な脱毛症状の人が服用することができます。

ロニテンの効果

ロニテンはそもそも血圧降下剤として開発されました。

有効成分であるミノキシジルが血管拡張作用を促し血圧を下げるという効果が、頭皮の血管にも作用し、毛根を活性化させ血行促進や発毛・育毛につながります。

また男女兼用のため、抜け毛や薄毛に悩む女性にも安心してご使用いただけます。

ロニテンの使用方法と注意事項

ロニテンは基本的に、1日2回、1回1錠を朝と夜に服用して下さい。

ただしロニテンには含有量の違う5㎎/10㎎の2種類がありますので、ご自分の症状や体質によって正しく使い分けて下さい。

体質などによっては利き過ぎて動悸やめまいなどの症状が出る場合がありますが、そんな場合は、1日1回、朝か夜に1錠を、または錠剤カッターなどで切り分けて、朝と夜に半錠づつを服用して下さい。

分量に不安がある場合は専門医や薬剤師にご相談のうえ服用して下さい。

ロニテンの副作用

ミノキシジルを主成分とした飲み薬を正規の発毛剤・育毛剤として承認している国はまだ無いそうです。

ロニテンは発毛・育毛に効果がありますが元々は血圧降下剤として開発されたものですので、副作用の危険性やアレルギーには注意しなければなりません。

発毛効果のため体毛が濃くなったり、ミノキシジルに対してアレルギーがある方や、腎臓疾患のある方、人口透析を受けている方は服用できません。

また血圧降下剤ですので、高血圧・低血圧の方は専門医にご相談のうえご服用して下さい。

ロニテンの入手方法

ロニテンはインターネットの個人輸入代行などを利用して購入することができます。

しかし販売国によっては処方薬として処方箋が義務づけられて国もありますので、初めて購入する方は専門医の診断を受けて適切なアドバイスを受けて下さい。

1回の服用量や副作用の危険性を十分考慮して、安産な発毛・育毛を目指すことをお勧めします。

ロニテン ⇒ロニテンの個人輸入代行店