プロペシアの副作用と効果

プロペシアの成分・効果・服用の注意点から、副作用や入手方法について説明しています。
TOP >プロペシア

プロペシアとは

プロペシア

プロペシアは、フィナステリドを主成分とした男性型脱毛症(AGA)に効果を発揮する飲む育毛剤です。

プロペシアはもともと、前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、男性ホルモンの働きを抑制しながら治療することで薄毛にも効果があることが確認されました。

これは医学的にも証明されており、現在では世界60カ国以上の国々で発売されるようになりました。

日本でも2005年の発売開始以来13,000の医療機関で処方されていて、現在では最も信頼度の高い育毛剤のひとつとされています。

プロペシアの効果

男性型脱毛症とは、比較的若年層に多くみられる遺伝的な軟短毛状態のことで、その主な原因は男性ホルモンの過剰な分泌と働きによって男性ホルモンがジヒドロテストロンという物質に変化するためだといわれています。

プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されたため、男性ホルモンの働きを制御することができます。このプロペシアの男性ホルモン制御作用が毛母細胞内の男性ホルモンに働きかけ、男性型脱毛症の進行を止めることができるのです。

さらにミノキシジル系の育毛剤(ロゲインなど)を併用することでさらに理想的な発毛効果が期待できます。

またプロペシアは男性用の治療薬として開発されたものですので女性の方は使用できません

プロペシアの服用

プロペシアは1日1回1錠を服用して下さい。毎日決まった時間に服用する方が効果的ですが、6か月以上継続して服用することが何よりも大切です。

プロペシアの効果は、早い方では3か月から4か月ほどでみられますが、男性型脱毛症は進行性の脱毛症ですので、服用を途中で止めてしますと元の状態に戻ってしまいます。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は軽微なもので、ほとんどの人に影響はありません。ただし体質や間違った使用は男性ホルモンの影響による、性機能障害や性欲減退、精液量減少といった症例が報告されています。

また頻尿や肝機能障害を引き起こす原因にもなりますのでくれぐれも正しい用法、使用量を守って服用して下さい。少しでも不調を感じた場合は使用を止めて病院での診断を受けて下さい。

また妊娠中の女性が誤って服用してしまうと、胎児に異常が発生する可能性がありますので、女性の方やお子様の手の届かない場所での使用と保管をお勧めします。

プロペシアの入手方法

プロペシアは処方薬ですので、基本的には医師の処方箋が必要になります。

安全性や副作用のリスクを考えると、初めて購入する方は一度は専門医の問診や診察を受けることをお勧めしますが、病院で薄毛の薬を処方してもらうことに抵抗を感じたり、海外製品のほうが安いこともあって、個人輸入によって入手する人が多数をしめます。

このような方のために当サイトでは、信頼性の高いアイドラッグストアを主に勧めています。

プロペシア ⇒プロペシアの個人輸入代行店