ザンドロックス

ザンドロックスの成分・効果・使用方法から、副作用や入手方法について説明しています。
TOP >ザンドロックス

ザンドロックスとは

ザンドロックス

ザンドロックスロゲインなどの有効成分であるミノキシジルを高濃度に配合した発毛剤です。

ロゲインのミノキシジル含有量は最高5%であるのに対して、ザンドロックスは5%から15%と高濃度のミノキシジルが配合されています。このため、ロゲインでは効果が出にくいとされていた生え際やこめかみの薄毛にも効果があるとされています。

ザンドロックスの効果

ザンドロックスの有効成分であるミノキシジルは、毛髪の成長遺伝子に直接働きかけ、頭皮の血行を促進し、強力な発毛を実現します。

男性型脱毛症にみられる頭頂部や前頭部の薄毛、さらに生え際やこめかみの薄毛にまで効果があります。

また衰えた髪の成分であるケラチンを正常な状態に戻し、健康な毛髪の育成をサポートします。すでにロゲインを使用している人がザンドロックスを使用することで、更なる発毛・育毛効果を実感できます。

ザンドロックスの使用方法

ザンドロックスには、ミノキシジルの含有量によって、5%、12.5%、15%の3タイプが発売されていてます。

タイプによって使用量が異なり、12.5%、15%タイプは1日1回1ml(付属のディスペンサー1回分)を、5%タイプは1日2回1ml(付属のディスペンサー4回分)を薄毛が気になる頭皮に塗布して下さい。

5%タイプの場合は、1回目と2回目の使用間隔を8時間から12時間空けて使用して下さい。

ザンドロックスは頭皮が濡れていても乾いていても使用できますが、塗布した後は頭皮を良く自然乾燥させて下さい。

またザンドロックスは常にご自分の薄毛の症状に合ったミノキシジルの濃度タイプを使用して下さい。15%タイプを使用してある程度効果が確認できたら、12.5%または5%タイプに切り替えての継続使用をお勧めします。

ザンドロックスの副作用

ザンドロックスの有効成分であるミノキシジルは、もともと血圧降下剤の薬剤として開発されたものですので、高血圧や低血圧など血圧に持病や問題を抱えている場合は、専門の医師に相談のうえご使用下さい。

また、ザンドロックスはミノキシジル濃度が高いです。そのため、以前にロゲインなど濃度の低いミノキシジルを使用したことのある方に向いています。

ザンドロックスでは、稀に頭皮にかゆみなどを感じることがありますが、その場合はすぐにシャンプーなどで洗い流し、使用をお止め下さい。

ザンドロックスの入手方法

ザンドロックスは特に医師の処方箋は必要ありませんので、すでにロゲインをご使用の方などは、インターネットの個人輸入代行などを利用して入手することができます。

ただし初めてザンドロックスをご使用になる場合は、事前に専門医の問診や診断を受けて、自分に合った含有量のタイプを確認のうえ正しく購入して下さい。

ザンドロックス ⇒ザンドロックスの個人輸入代行店